Cutting Edge

cedge.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 29日

忙しいというのは幸せなことだが・・・

息子が生まれて1ヶ月ちょっと経った。『もう1ヶ月か・・・』と感慨に浸る瞬間もたまにはあるが、どちらかというと、『こんなにいろんなことがあったのに、まだ1ヶ月しか経って無いのか?』という気持ちの方が強い。なんというか、ほんの1ヶ月前には、まだ彼は生まれていなかったということが信じられない。家の中にはお腹の膨れた妻と私しかいなかった、という日々が何だか随分前のことのように思える。さらに言えば、昨年の今頃は日本から来た親友夫妻とフランスの田舎を旅していたのだが、それが本当に遠い昔の記憶のようだ。

More
[PR]

by th4844 | 2005-10-29 20:51 | Me, Family, Friends
2005年 10月 18日

『小さなお話のプレゼント』

私は横浜の外れにある県立高校に通っていた。毎朝6時に家を出て、片道1時間半以上かけて通学する頑張り屋の高校生だったのだが、あいにく『スポーツで勝負しよう!』という意気込みとは裏腹に、伸び盛りのはずの3年間の半分以上を相次ぐ故障で棒に振ってしまった。最後の夏も関東大会で敗退し、結局何一つ納得出来る成績を残せなかった。今、改めて思い返してみても、リハビリやウェイトトレーニングばかりの本当に辛い3年間だった。

そういう状況だったので最後まで今ひとつ前向きになりきれなかったのも事実だし、或いは思春期で色気づいて黙々とスポーツに打ち込む硬派なイメージを作り上げようと躍起になっていたのもまた事実なのだが、いずれにせよ高校時代の私は、誰とでも仲良くするような気さくなタイプではなく、交友関係において『狭く、深く』というベクトルがかなり働いていた時期だったように思う。

More
[PR]

by th4844 | 2005-10-18 08:46 | Me, Family, Friends
2005年 10月 12日

英国で重宝しているもの

学生時代に少しだけロンドンの語学学校に来たことがあったが、あの頃、『これはいい!』と思ったのは世界最高水準といわれるロンドンのタクシーではなく、庶民の味方ナイトバスだった。ナイトバスとは、その名の通り夜間運行されているバスのことである。ロンドンのバスは、主要路線であれば一晩中走っている。一時間に数本しかなくなるのでちょっと不便ではあるが、それでもどんなに遅い時間でも普段使っているトラベルカード(定期券)で帰宅出来るので、安心して夜遊び出来るのだ。金曜にもなれば明け方3時や4時になっても、多くのナイトバスの始発点となるトラファルガースクウェアは無数の若者で溢れかえっている。

とはいえ、仕事でこの街に住んでいる今、もはやナイトバスにお世話になることもなくなってしまった。だから、もしも今、『英国で重宝しているものは何か?』と聞かれれば(別に誰も聞きたくはないか・・・)、BBC、FT、economistと答えてみたい。

More
[PR]

by th4844 | 2005-10-12 07:40 | London, UK, Europe
2005年 10月 08日

ラブ・アクチュアリーとトニー・ブレア

英国を舞台にしたコメディで次々にヒットを飛ばしているワーキング・タイトルという映画制作会社がある。『フォー・ウェディング』(1994年)、『ミスタービーン』(1997年)、『ノッティングヒルの恋人』(1999年)、『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)などがその代表作だが、これら4作品全てで演出や脚本を手がけたリチャード・カーティスが初めてメガホンを取ったのが、2003年のクリスマスシーズンに公開された『ラブ・アクチュアリー』。ご覧になった方も少なくないのではないかと思うが(特に女性・・・)、ワーキングタイトル作品の常連ヒュー・グラントを初め、英国を代表する錚々たる俳優・女優がずらりと勢揃いした豪華キャストで送る軽いタッチの、でも意外にハートウォーミングなラブコメだ。

More
[PR]

by th4844 | 2005-10-08 08:06 | London, UK, Europe