カテゴリ:Me, Family, Friends( 17 )


2005年 11月 13日

ある平凡な土曜日

朝6時に息子のおむつを変えた後、もう少し二度寝を楽しもうと思ってもう一度ベッドに戻ったところ、結局9時過ぎまで寝てしまった。起き出して、妻が子供に授乳している間に私はボケーっとネットサーフィンをして、それからシャワーを浴びる。その後ふと思い立って、息子をベビーカーに乗せて妻とともに散歩に出かけることにした。近所のイタリアンカフェのブランチがお目当て。今朝は珍しく良く晴れていて、ひんやりとした空気が心地よく感じられた。やはり11月も中旬になると、道路にはかなり落葉が目立ち、気温もぐんと下がるため、必然的に冬の訪れを強く意識させられる。

More
[PR]

by th4844 | 2005-11-13 09:45 | Me, Family, Friends
2005年 10月 29日

忙しいというのは幸せなことだが・・・

息子が生まれて1ヶ月ちょっと経った。『もう1ヶ月か・・・』と感慨に浸る瞬間もたまにはあるが、どちらかというと、『こんなにいろんなことがあったのに、まだ1ヶ月しか経って無いのか?』という気持ちの方が強い。なんというか、ほんの1ヶ月前には、まだ彼は生まれていなかったということが信じられない。家の中にはお腹の膨れた妻と私しかいなかった、という日々が何だか随分前のことのように思える。さらに言えば、昨年の今頃は日本から来た親友夫妻とフランスの田舎を旅していたのだが、それが本当に遠い昔の記憶のようだ。

More
[PR]

by th4844 | 2005-10-29 20:51 | Me, Family, Friends
2005年 10月 18日

『小さなお話のプレゼント』

私は横浜の外れにある県立高校に通っていた。毎朝6時に家を出て、片道1時間半以上かけて通学する頑張り屋の高校生だったのだが、あいにく『スポーツで勝負しよう!』という意気込みとは裏腹に、伸び盛りのはずの3年間の半分以上を相次ぐ故障で棒に振ってしまった。最後の夏も関東大会で敗退し、結局何一つ納得出来る成績を残せなかった。今、改めて思い返してみても、リハビリやウェイトトレーニングばかりの本当に辛い3年間だった。

そういう状況だったので最後まで今ひとつ前向きになりきれなかったのも事実だし、或いは思春期で色気づいて黙々とスポーツに打ち込む硬派なイメージを作り上げようと躍起になっていたのもまた事実なのだが、いずれにせよ高校時代の私は、誰とでも仲良くするような気さくなタイプではなく、交友関係において『狭く、深く』というベクトルがかなり働いていた時期だったように思う。

More
[PR]

by th4844 | 2005-10-18 08:46 | Me, Family, Friends
2005年 09月 24日

ひとりで、じわりとかみしめる

帰り道にネパール料理屋でtake awayしたカレーを、つい先程1人で食べ終えた。昨日の夜も1人で日本製のインスタントラーメンに卵を二個入れて食べた。普通、夜中に帰宅して、ひとりでこういう食事をするのは侘しいものだ。駒沢のワンルームのアパートに一人で住んでいた4年前を思い出す。でも、昨日も今日もすごく満ち足りた気持ちで一人の食事を楽しめた。

昨日のラーメンは美味かった。すっかり空っぽになっていた胃袋が満たされ始めると、水曜日の夜中にタクシーで家を出てから帰宅するまでのちょうど24時間、役立たずの自分なりにも何か出来ることがないかとそれなりに気持ちが張り詰めていたことに気付いた。そして、その緊張の糸がふっと途切れると、ひとりでに笑みがこぼれてしまった。思わず、誰もいない家で歓喜の声をあげる。『父親になった気持ちってどうよ?』と自分に問いかけてみる。同僚達に聞かされていた“誇らしい”という気持ちとは少し違った。まず嬉しい。そしてそれよりも感謝だ。父親になったというよりも、父親にしてもらったという感覚と言おうか、妻からとんでもないプレゼントをもらったような気持ちなのだ。この9ヶ月、身の回りの手伝いくらいはしたものの、基本的には私は傍観していただけだ。そして妻が19時間も分娩室で過ごしている間も、私はただ見守り、ワンパターンな声をかけ、そして最後に臍の緒を切らせてもらうだけだった。全部彼女が頑張ってくれたお陰。だから、今の時点では『オレの子供』と呼ぶのはおこがましい気持ちになる。ただ、これからは違う。これからは自分に出来ること、自分がやるべきことがもう少し増える。一日も早く『オレの子供だ』と胸を張って威張れるくらいに、いや、せめて妻に気後れすることなく『オレ達の子供』と言えるように、父親としての務めを出来る限り果たしていきたいと思う。

オレにどんなことが出来るかな。あの子がそのうちどんな言葉を発するようになるのかな、そしてどんな大人に育っていくのかな。あんな不細工な顔が、大きくなるにつれて少しはキリッとした顔に、あるいはひょっとするとイケメンに化けてしまったりするのかな。ふわふわと妄想を膨らませながら一人で食べた昨晩のラーメン、今晩のカレーは、侘しいどころかとても楽しかった。

明日の朝、妻と子供が退院する。

いよいよ3人の生活が始まる。
[PR]

by th4844 | 2005-09-24 09:37 | Me, Family, Friends
2005年 09月 21日

もうすぐ3年 もうすぐ40週


1人で買い物に行くのも嫌がっていた。
食事の途中で、突然ボロボロと涙をこぼし始めたこともあった。
見知らぬ国で暮らすということは、思った以上に大変だった。
不便なこと、不安なこと、淋しかったことだけでなく、
もっと辛い思いをしたこともあった。

そんな彼女が、すっかり逞しくなった。
いろいろなことに慣れて、気持ちにゆとりが出てきたと言えばそうだろう。
でも、もっと大きなものが彼女をどんどん成長させているに違いない。


彼女は決して見栄を張ったり背伸びしたりしない。
『ただ、ふわふわ流れに任せてるだけ』って笑うけど、
まっすぐに自分の軸を保ちながら凛として生きていくことこそ難しい。

彼女には決して何十人もの“親友”がいたりしない。
でも、自分にとって大切な友達や家族のことを
いつもいつも思っているというその気持ちこそ
本当の友情や愛情だ。


そんな彼女の下に生まれてくる子は、きっと幸せだと思う。

パンパンに膨れ上がったお腹を撫でる時、
もう何度も眺めたおもちゃのパンフレットをめくる時、
ずっと前から準備してあるベビー服を改めて広げてみる時、
すごく優しい、すごく満たされたような、いい表情を見せる。
毎日、毎日、その誕生の日を心待ちにしている。
そんな彼女の溢れんばかりの愛情に包まれて、
きっとのびのびと育っていくのだと思う。
[PR]

by th4844 | 2005-09-21 14:57 | Me, Family, Friends
2005年 09月 09日

やっぱりブログの時代?

中学生の頃、何をやっても競り合いになる良きライバルというべき親友がいた。入学して間もなく一緒に陸上部の門を叩いたその日から直ぐに、短距離も長距離も、はたまたどの教科の勉強にしても、大体学年でトップ争いをすることになった。面白いもので、走るのは異常に速い(もともとは二人とも『クラスで一番足が速い奴』程度だったが、相当量の練習で格段に強くなれた!)が球技はイマイチで水泳に至っては殆どカナヅチなところや、決してカッコいい男ではなかったために目立つ割に今ひとつ女の子にもてきれなかったところなど、まさに瓜二つという状態だった。

勿論、一緒にチャリンコを乗り回して夜遊びした楽しい思い出もたくさんあるが、やはり一番の思い出といえば、3年生の夏に、二人揃って海外遠征のメンバーに選ばれて、中国に連れて行ってもらえたことだ。強豪校でもなかった普通の公立中学から2名も選ばれたというのが、当時何よりも誇らしかったし、実際、いろいろな学校から集まってきた奴らと過ごした中国での1週間は本当に楽しかった(ちなみに、北京、上海、無錫と転戦したが、当時の中国はまだまだどの街も本当に冴えない途上国といった風情だった)。

ただ、中学も3年生になった頃からは、徐々にではあるが、どちらかと言うと私は陸上に、彼の方は勉強の方にそれぞれ重きを置くようになった。そうした主体的選択の結果かどうかはともかくとして、私の脳味噌が高校、大学と年々静かにしかし着実に退化していった一方、彼の方は高校で陸上をあっさりと辞めた分、きちんと東大に進み、そして希望通りに新聞記者となった。

More
[PR]

by th4844 | 2005-09-09 09:19 | Me, Family, Friends
2005年 03月 25日

はじめに


自己紹介

仕事
2006年までロンドンでヘッジファンドのファンド・オブ・ファンズを専業とする投資顧問会社に勤務。
2007年に帰国し、投資銀行へ移籍。

年齢
30代前半

生い立ち
神奈川生まれ神奈川育ち

家族

長男(2005年9月誕生)

ブログ
スポーツに没頭していた学生時代には毎日練習日誌をつけていた。それが自身の成長過程を管理するのに役立っていたし、後から振り返った時の読み物としても面白かったので、同じようなことをしていきたいと思う。
それから、ゆくゆくはブログを通じていろいろな方面の人たちと質の高いコミュニケーションを実践していきたい。いろいろな人のブログを見ることによって、そういうことを既にやっている人たちから触発を受けることが出来たのは幸運だった。
[PR]

by th4844 | 2005-03-25 03:44 | Me, Family, Friends