Cutting Edge

cedge.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 17日

上場ファンド・オブ・ファンズ

しばらく更新をさぼっているうちに、いくつか目についたニュースもありました。そのうちの1つが、プライベートエクィティやヘッジファンドと同様に、ファンド・オブ・ファンズの上場も出てきたという話です。これは、ファンド・オブ・ファンズを運用している会社の上場ではなく、ファンド・オブ・ファンズの箱そのものの上場です。不動産会社が上場したのではなく、REITが上場されたのと同じですね。

こちらの報道によれば、GSAMの運用するGoldman Sachs Dynamic Opportunitiesというファンド・オブ・ファンズが先月ロンドン証券取引所に上場を果たし、このIPOで欧州の投資家を中心に500百万㌦前後を調達することに成功した模様です。過去にもこうした例はいくつかありましたが、今回はやはりゴールドマンがやった案件だったということで少し注目を集めたようです。




ファンド・オブ・ファンズの場合、投資先となるヘッジファンドの解約条件が月次または四半期毎に限られ、しかも数ヶ月前の事前通知や、あるいは投資開始後2年間のロックアップといった付帯条件も多いことから、必然的にファンド・オブ・ファンズの解約条件もそれに準じたものとなっており、こうした流動性の低さが投資家にとって大きなデメリットとなっています。ところが、こうしたFoFsが上場株になってしまえば、理屈の上では毎日取引出来るので、投資家にとっては万一の際にはいつでも換金出来る(はず)ということになり、リスク管理上もそれなりに取り扱い易くなると言われています。実際、今回のIPOに参加したのも、保険会社や年金といった機関投資家が多かったようですが、彼らであれば、わざわざ上場してあるFoFsを買わなくても、相対でもっと有利な条件で既存のFoFsに投資出来た筈でしょうから、やはり今回の投資は『流動性に妙味あり』という判断が大きく働いたのではないかと勝手に推測しています(将来はともかく現時点ではこのFoFsの売買に参加しそうな投資家というのはかなり限定的でしょうから、IPO直後の売り抜けを狙ったというのは、ちょっと違う気がしていますが、どうなのでしょう?)。あとは、ケイマンやチャネル諸島のオフショアファンドに投資するのは好ましくないが、国内上場株の形になっていれば投資出来るという投資家にとっても、これは投資し易いビークルですね。以上が、FoFs上場の投資家にとっての主なメリットかと思われます。 

資金調達する側にとってのメリットは、もう言い尽くされた感がありますが、やはり永久資本が手に入ることがその筆頭でしょう。従来は投資家から大口の解約があると、ファンド・オブ・ファンズとしては投資中のヘッジファンドの持分を一部売却する必要があったので、なかにはせっかく手に入れた“クローズ(新規募集停止)”となっている人気ヘッジファンドの持分を泣く泣く売るというシチュエーションもありました。また、時折見られるように世界中のファンド・オブ・ファンズに同時に解約が殺到したりした時などは、各ファンド・オブ・ファンズへの換金売りが、その投資先である特定の戦略または特定のヘッジファンドの換金売りに繋がって、さらにそれが新たなストップロスを誘発するという、悪循環になることもありました。プライベートエクィティの場合は、数年間という纏まった期間はじっくり運用に集中出来るのでしょうが、ヘッジファンドのファンド・オブ・ファンズの場合は、投資先のヘッジファンド(そして彼らの投資しているポジション)の流動性がどんどん劣化傾向にある中で、依然として月次や四半期毎の解約条件となっているものが殆どなので、最近はこうした流動性のミスマッチが、業界内で深刻な問題として認識されてきています。


ですから、もしもFoFsの持分が上場されていれば、仮にFoFsの売却によって投資家が若干の損失を被ったとしても、FoFsのポートフォリオ自体やその先のヘッジファンドのポートフォリオを毀損することはないので、運用者としては投資家側の風向きに左右されることなく、じっくり腰を据えて投資出来る(=安定した手数料収入も見込める)という大きなメリットに繋がるのです。

とはいえ、一般企業と同様にIPOは決して簡単なプロセスではありません。そもそも、上場時に投資家に歓迎される案件でなければお話になりませんし(上場してあっても売買されないのであれば)、上場後もそれに伴うコストはやはり無視できませんので、結論から言えば、小さな会社の小さなファンドでは手がけにくいスキームと言えます。私も(そして恐らくは私の上司も)新しいもの好きな性格なので、個人的にはこういう案件をやってみたいと思っているのですが、残念ながら今のところまだニーズが見えてきません・・・。
[PR]

by th4844 | 2006-08-17 04:03 | Hedge Fund


<< Amaranth - 不老不死...      Distressed投資:早く... >>