2006年 05月 12日

出張と引越しと初夏の訪れ

またしても音信不通になってしまって、申し訳ございませんでした。実は久しぶりにちょっと東京に出張したりしていたので、その事前準備や事後のフォローアップ等もあって、ここのところ少々忙しくしておりました。

出張の全日程終了後には、少し休暇をもらって妻子と合流して実家にも寄ってきました。両親にとっては待望の初孫とのご対面と相成った訳ですが、初節句ということで立派な五月人形や鯉幟まで用意されていて、なんだか至れり尽くせりの歓待でした。

そして、我が家は今週末に引越しを予定しています。不動産ブームの煽りで家賃が驚異的に高くなってしまったロンドンにあって、これまで我が家はなるべく家賃を抑制する方針でやりくりしてきたのですが、子供が生まれ、彼が段々と大きくなってくると、さすがに妻と2人で暮らしていた部屋では手狭になってきました。英国に来て3箇所目となる今回の新居は、ベビーカーを伴っての機動力を重視して、初めて1階(英国風に言えば地階)の部屋に入ることにしました。ということで、念願の“庭付き”生活になるので、夏の夕方には外で食事を楽しむことも出来そうです。

それにしても、冬場の憂鬱な曇天とは打って変わって、欧州もいよいよ素晴らしい季節になってきました。5月から7月くらいにかけてのロンドンの爽やかな夏の空と風は最高です。今日、昼休みにサンドイッチを買いに外に出てみると、どこのパブの前も、昼間からビールを立ち飲みしながら談笑する人で溢れ返っていますし、公園では芝生の上で昼寝するビジネスパーソンがうようよしていました。毎年すっかり見慣れた英国名物職場放棄の光景です。

東京滞在中の雑感や、ヘッジファンド業界の最近の動きなど、書きたいテーマはいろいろとあるのですが、もう少し落ち着いたところで改めて考えてみたいと思っています。

それでは、また。
[PR]

by th4844 | 2006-05-12 04:32 | Me, Family, Friends


<< 母の日      NHS >>