Cutting Edge

cedge.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 20日

飲み歩き

今週はもうクリスマス休暇の帰省ラッシュが始まっているようで、電車やオフィスの中もだいぶ閑散としてきましたが、先週、先々週あたりは英国もクリスマスパーティーという名の忘年会シーズン真っ盛り。かくいう私も、それなりに飲み歩いていました。邦銀時代の先輩、高校の同級生、勤務先のクリスマスパーティー、裏クリスマスパーティー(ここ数年の間に弊社を退職した元同僚たちによる“同窓会”です。辞めてもいないのになぜか呼ばれてしまいます・・・)などなど、家で子供の世話をしてくれている妻には本当に申し訳ないのですが、やっぱりこういうところへ出かけて行って思い出話に花を咲かせたり、お酒の力を借りていろいろな人の意外な一面を発見したりするのは楽しいものです。




そして、こうした定番の飲み会の他にも、ブログをきっかけとして知り合った同世代の日本人の方々と会食する機会もありました。まず、M&Aバンカーお二人(お一方は現在留学中です)との飲み会です。新卒で入社した日系企業を退職し、ほぼ一年一年が勝負のいわば時価会計のキャリアを歩んでいらっしゃる方達ですので、僭越ながら、似たような境遇にある者同士ということで、共感出来たり参考になる点がたくさんありました。会社の人事部にお任せするのではなく、自分自身でキャリアパスを描いていくということ、自分の将来についての選択肢が無数にあるということは、裏を返せば随時意思決定をしていくことを意味しますので、向こう5年、3年、1年、或いは半年といった様々なスパンについて、それぞれ何に力を入れて何を捨てるのかを常に意識している必要があります。しかも、自分の選択が良い結果に繋がる保証はありません。それなりに自信がある人か(やはり若い人か既にある程度の成果を出している人というのが多数派でしょうか?)、はたまたそういう人生設計を考えること自体が好きな人でないと、こういうテーラーメイドのキャリアを続けていくことは結構しんどいものがあると思います。勿論、こうした緊張感こそが、毎日の仕事のクォリティを高め、情報に対する感度を高くすることに寄与しているのも事実です。非常に高い意識を持った人たちとお話しすることで、アンテナを高くし続けることがいかに大切であるかを改めて認識しました。大いに刺激になります。

それから、ブログを相互リンクさせて頂いているMackyさんにも、近所の飲み屋さんで一杯お付き合い頂きました。ロンドン郊外の同じエリアに住んでいることもあって、奥さん同士は既に何度か会ったことがあるのですが、私達はこの前のクリスマスパーティーで初めてお会いしたばかりです。今回はその続きということで、お忙しいところを無理を言ってお時間を作ってもらって実現した会合です。ロンドンでの生活のこと、子育てのこと、コトバのことなどで一通り盛り上がった後で、Mackyさんの方から、『実は今日は私にとっては打ち上げなんです』という一言が。なんと、ちょうどその日に会社でガッツポーズが出るくらい嬉しいことがあったということでしたので、それならパーっといきましょうということで、腹八分まで食べていたところから、ご飯や麺類ではなく石狩鍋で“締める”という荒業もこなしてきました。とにかく楽しかったです。ブログを読んでいても伝わって来ますが、Mackyさんは、なんと言うか非常にポジティブなオーラを湛えているとても気持ちのいい人です。あんまり書くと却って胡散臭くなってしまいそうですが、面白さに加えて、頭の良さや父性の頼もしさもといった男としての魅力も存分に兼ね備えた方ですので、私もああいう父親でありたいものだという思いを強くしながら帰ってきました(帰ってきましたといっても、Mackyさんに家まで車で送って頂いたのですが・・・)。

他にも、お会いしていなくても連絡を下さる方々や、最近になって新たに名乗り出てくださったりする方などもいて、ブログのお陰で今年は随分いろいろな出会いに恵まれました。本当に嬉しい限りです。
[PR]

by th4844 | 2005-12-20 07:13 | Career


<< LBOを支えるヘッジファンド、...      週末のわが家 >>